専業トレーダー × 兼業トレーダー × どっちがいい

1日の5分だけ頂けると幸いです。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

 


専業トレーダーと兼業トレーダー 切り替えるラインは?


 

これ細かく数字で見ると専業とレーダーってなかなか遠いって感じますよ。
感覚的に安定して月収100万稼げたら専業に切り替えてもいいと思います。もしくは別の収入源で、生活に困らない所得が3年以上確約されてる人。

では具体的に数字を見ていきます。

 


年収500万のサラリーマン(配偶者なし)手取り390万円!


税金(所得税、住民税)

社会保険料(健康保険、介護保険、厚生年金(任意:国民年金))

 

 


税金


所得税 13.9万円

所得税 課税対象
年収500万円 – 所得税控除 263万円 = 237万円

B:課税対象額 237万円 x 10% – 9.75万円 = 13.9万円

住民税 24.4万円

住民税 課税対象
年収500万円 – 住民税控除 258万円 = 242万円

所得割 242万円 x 10% + 均等割 5000円 – 調整控除 2500円 = 24.4万円


社会保険料


社会保険料 71.1万円

年収500万円 x 14.22% = 71.1万円

 

 

補足

給与所得の控除
年収500万円 x 20% + 54万円 = 154万円

住民税の控除
給与所得控除 154万円 + 社会保険料控除 71.1万円 + 基礎控除 33万円 = 258万円
所得税の控除
給与所得控除 154万円 + 社会保険料控除 71.1万円 + 基礎控除 38万円 = 263万円

支出 109.5万円 手取り390.5万円

 

 

 

数字追えてますか?細かいのは省きました。

考えるところありませんよ!!ただ決められた係数使ってるだけです。

次は自営業!!専業トレーダーの方はこっちに当てはまります。


自営業(40歳以下・・介護分を除外、経費0)手取り331万円!


税金(所得税、住民税、個人事業税)

社会保険料(健康保険、介護保険、国民年金)

 


税金


所得税 36.65万円

青色申告で基礎控除65万円

住民税 40.48万円

個人事業税 10.5万円

【個人事業税の公式】

個人事業税 = 課税所得 × 税率 ※1
※1 税率は3%〜5%になります。


社会保険料


国民健康保険料 61.65万円

国民年金 19.51万円

 

支出 168.79万円 手取り 331.21万円

 

サラリーマンと自営業手取りにして60万の差

青色申告して経費0だとこうなります

そりゃ経費使いまくりますよね・・・赤字計上するに決まってんじゃんww


FXだと国内口座利用で雑所得税20%(所得税15%、住民税5%)

税金 約100万円

社会保険料 約81万

支出181万円 手取り319万

 

 

損失が3年繰り越せます。がそんな奴は

専業トレーダーやるんじゃないぞ!!

 

経費申請できるモノが、間々限られます。

家賃は生活空間と分けて申請できますが、大した額にはなりません。

 

専業トレーダーの難しさ

 

安定した収入がないという精神攻撃ww

無収入ではなく、減るんです!!

 

圧倒的暇な時間

余計なトレードしちゃうよ!!

チャート無駄に見ちゃうよ!

 

 

だから・・・

 

兼業トレーダーが一番楽なんですよ!!

仕事しながら月収100万稼げたら最高でしょ!!

 

その次のステップに

同じ感覚でお金と時間を共有できる人・・・なかなか見つかりません!

これ人生の幸福度を上げるために大事です。

 

人生フレームワークを基準に


金・やりがい・友人・異性・飲食・健康


 

今自分が何を優先すべきか考えましょう!!

年収500万に達するまでは金を稼ぐことに集中です!!

さあ練習練習!!

 

トレードを通じて共に成長しましょう!!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村