クアラルンプール × 宗教 × その③

2018年12月3日

1日の5分だけ頂けると幸いです。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

こんにちは。海外在住トレーダーのICHIHIROです。

クアラルンプール旅行の続きその③


ここからは、健全な観光地巡り

マレーシアは、3民族からなる国家です。

ですので、

インド系、中華系、マレー系

それぞれの宗教、それぞれの休暇があります。ですが人種ごと休みを取るそうです。

 

今回は、ヒンドゥー教の寺院、イスラム教のモスクを巡ってきました。

プラス、どの国にもあるチャイナタウンw

ほんまに中華系はすごいと思います。キューバにもありましたが、中国人は住んでません。


バドゥ洞窟


ヒンドゥー教の寺院です。

ブラフマー創造の神(世界は彼によってつくられます
ビシュヌ :維持の神(世界は彼によって保たれます
シヴァ  :破壊の神(世界は彼によって壊されます

・Generate(創造)⇒ブラフマー
perate(維持)⇒ビシュ ヌ
estroy(破壊)⇒シヴァ

これでGODとなるらしいですねww

隣の階段を上った後は、洞窟内に入れます。

上っていく途中には、洞窟内だけで生体が完結している生物体系について洞窟探検ができます。1時間みっちりあるそうです。今回は行きませんでした。

ここ一年で新築された建物があります。寺院なのに神様を照らすために照明使ったり、スピーカー使ったりなんでもありの宗教です。

現代のモノをふんだんに使った偶像に、本気でお祈りしていました。この柔軟性ww

日本人にとって馴染みのない宗教。キリスト、イスラム、仏教、ヒンドゥーなど各々信仰が深い人もいて、争いの元にもなったりもします。信仰って理解しがたいですが、家庭環境によるんでしょうね・・・イスラム教は、信仰の深さで結婚相手を決めたりもします。

 


国立モスク


改装中でしたが。広くて風の通りがよくて気持ちいい場所です。昼のお祈り後、昼寝して仕事さぼる人が多いみたいですがわかります。


ブルーモスク


たまたま日本人8人くらいいましたね。外れにあるので、車がないとなかなか訪れることができないのですが、ここは来るべきです。

ジャカルタにもありますが、こっちの方が大きく東南アジアNO1の大きいモスクだと思います。

毎週金曜日の昼は、1万人以上お祈りに来るそうです。英語でハジーのおじさんが解説してくれます。(ハジ:メッカに巡礼行ったことがある男性。格が上がるそうです)


vilage park restaurant


現大統領が、訪れたりする超人気店。

「ナシ・ルマッ」

がめちゃくちゃうまい。ココナッツで炊いたご飯、ナシウドゥックがおいしかったです。

10.5リンギット

東南アジアの価格でも2割くらい高いほうですが、十分見合う。


關帝廟


三国志で有名な関羽が祭られているそうです。ここマレーシアなんですけどww

中華街。ご飯は一食6リンギットくらいからあります。ローカルの生活を送れば全くコストがかかりません。インドネシアと一緒ですね。

 


ムルデガ広場


平日だったので、あまり人はいませんでした、広い道路スペースが確保されています。バンドンの広場と一緒ですね。バンドンは22時過ぎても人で溢れかえっていました。


総評

インドネシアと比べてマレーシアは、人口が少なく土地もあるので全く渋滞もない。街が臭くない。空気がきれい。電車、バスが整っていました。

GOKLというバスは無料で乗れます。10分程前に来ます。降りる場所や停留所をアナウンスしてくれないので降りることが難しいですが・・FREEWIFIが使えるのでかなり助かりました。また年配の方が乗ると、すぐ席を譲る習慣がどんな人にもあったので、民度も高くクアラルンプールはいい街だなと思いました。


GOKL


クアラルンプール市内、無料バス。車内無料WIFI有り。


高速バス 空港~KLセントラル


料金

片道12リンギッド、往復18リンギッド

時間は決まってません。購入日から1ヵ月間有効。空港で往復券を買っても、再度券売店で、空席を確認する必要があります。 

時刻表

 

きれいにまとめきれませんでしたが

またトレード情報とともに、旅行についても程ほどに記事にします。

 

今後は、人間としての成長

縦軸を上げる=視座を高める

その概要を、1個1個記事にしてまとえてこうと思います。

横軸は能力・スキルです。

このバランスを身に着けて、人生のステージを上げるお手伝いが、このブログでできればと思います。

 

トレードを通じて共に成長しましょう!!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

にほんブログ村