2019年2月4日(月)×ドル円×相場

2019年2月9日

1日の5分だけ頂けると幸いです。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


にほんブログ村

こんにちは。海外在住トレーダーのICHIHIROです。

本日は、2019年3週目の相場を見ていこうと思います。


雇用統計の結果を受けて一時的に、上昇した先週でしたが、これからどう動くのか、長期足を見ていきたいと思います。

日足

110円付近に待ち構えるレジスタンスまで到達するでしょうか。大きな陽線を伴って反発しただけに、高値に「挑戦」はしそうな相場環境ではあります。しかしレンジ内もしくは、不安定な相場なので日足レベルでは、簡単な動きとはいえません。

4時間足

レンジを下抜け下と思いきや、指標で大きく戻されました。ここで前回高値に届かず下落が再開すると、徐々に下値を試す→広がるという 下落の強い相場となっていくでしょうか。現段階ではRSI70以上届いておらず、まだま上昇の余地がありそうです。

1時間足

カップ&ハンドルが見受けられます。
大衆心理の動きがわかり易いチャートパターンなので、本コンサルティングでも紹介しているトレード手法となります。
高値で反転していくのか。
少しの押しを経由し、ブレイクしていくのか、しっかりと事実を汲み取り相場の動きについていきましょう。

いかがでしたか?
雇用統計後は、チャートが大きくゆがむ場合も多いですが、ここがきっかけとなって、トレンドが伸びることもあります。利確ポイントしては結構使えますが、含み益が+50PIPS以上ある場合は保有してもいいかなという程度です。

長年の経験則に従い重要指標前は、ポジションは決済するのが無難です。
よくパチスロの人は、勝った話しかしない傾向があり、「勝てる」と勘違いするわけですが、トータルでみたら必ず負けています。
ですのでトータルで見たら指標前決済は、「有」といえます。

トレードを通じて共に成長しましょう!!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


にほんブログ村