トレンド × 基準 × レンジ

1日の5分だけ頂けると幸いです。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

本日は、基礎の基礎。

かなり重要な内容です。


トレンドとレンジ 相場の見分け方!!!


相場は、大きく分けて

トレンド、レンジ、不明の3種類があります。

 

この分別がつくから、それぞれに機能しやすい手法が選択できるわけです。

いいですか?「機能する」じゃなくて「機能しやすい」のです。

 

トレンド相場は、トレンドフォローの手法

レンジ相場は、逆張りの手法

不明は、ノートレ

 

突き詰めると、こんだけです。

その上に、資金量とポジション管理があります。

 

 

 

まずは文章で説明します。


基本はダウ理論に従う。

高値安値を抜けたらトレンド。

20SMAを割ったらトレンド終了。レンジ入りとする。

トレンドは2種類 「長期トレンド」、「短期トレンド」

レンジは2種類「トレンド後のレンジ」、「レンジ」


 

では以下4時間足チャートを見てください。

相場想定をするとき、4時間足以上の長期足で組み立てることをお勧めします。

このチャートだけを見て高値安値を判断してください。

レンジ相場は、高値安値2点が形成されてから狙いましょう。

ボリンジャーバンド2σ、RSI3070でエントリー

高値を超えてから、トレンド1波目スタート。

2波目が一番伸びるので、狙いましょう。トレンドライン突破、14SMA、20SAMが目安。

20SMAを割ってレンジスタート。

ここですぐ

レンジ=逆張り

ではなく、行って帰ってくる高値安値2点が形成されてから狙います。


レンジ相場から、直近安値を割り、下落 長期トレンドスタート。

20SMAを割りレンジ。

(レンジ相場が短いのは、月足、週足でサポート、指標の影響・・といった可能性がある)

2個目のトレンドは、このチャートの高値を超えてないが直近高値を超えていないので、短期トレンドとなっています。

 


短期・長期のトレンドの違いは、TPの設定です。

トレンド後のレンジ、レンジの違いは、買い・売りのポジションをとる方向です。

上昇トレンド後のレンジは、買いで狙う。

下落トレンド後のレンジは、売りを狙う。

20SMAを割ってから高値安値ラインが引ける2点ができるまでレンジ手法は使わない。

 

もちろん上記条件を全てきれいに満たす相場はそうそうないです。

なるべくわかりやすいチャートを選んでも説明に矛盾が生じます。

 

ま相場ってそんなもんです。

そもそも明確に当てれません!!

期待してはだめです。

失敗したときの反動はでかくなります。

相場に絶対はないです。

 

 

相場がわかればそれに合う、手法を使う。

めちゃめちゃ考えて考えて考えて最後は

SIMPLE IS THE BEST!!!!

 

これに尽きます。

そして

視点の焦点化

 

トレンド相場しかトレードしない

ドル円しかチャート見ない

これでもいいんです。(機会損失はあります。しかし負ける機会も減るってことですよ)

選択肢が減れば迷いも減ります。

 

見分けが正確にできるようになると、相場を絞れると思います。

 

故に

いいトレーダーは、暇になるってやつです。

自分の得意な相場を知っていて、かつ待つことができる!!!

 

本日は

トレンド相場とレンジ相場の見分け方でした。

まず一番初めに習得してくださいね。

 

 

トレードを通じて共に成長しましょう!!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村