飛びつき × エントリー × 天底掴み

2018年6月6日

1日の5分だけ頂けると幸いです。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

飛びつきエントリーについて

 

結論!!

あなたのトレードスタイルが明確に定まっていない!!

あなたの儲けたいという心理
あなたにある潜在的な集団心理

ではありません。何でもかんでもメンタルが弱いからなんて因果関係を作らない。

いいですかメンタルは鍛えれません!!!

そこに原因を求めたらトレードで全ての人間が勝てなくなります!!


さて具体的に意味を分解していきましょう。

 

初心者は以下の経験があると思います。断言できます。絶対にあります。

自分もよくブレイクアウトで入ってました。もうこの時点で遅れてたんですね。

ここはデイトレーダにとってかなりの良い利確ポイントになりえます。

 

いっいまだ~~~(今日もサクッと5万ゲットだ)

即 含み益 10PIPS(よしよし俺ってスゲー)

1時間後 含み損 -30PIPS  (くそが~)

塩漬け(たいていプラスポジションがマイナスに転じると決済できません。これも心理)

 

まずそもそも論を言うとこの方(昔の自分)は

絶対的なエントリー根拠がない!!!

 

だからエントリーしています。

例えば条件

1時間足、直近高値安値ブレイクアウト エントリー TP30PIPS SL30PIPS

この条件で、FT3のデータ言えますか??ってか練習した?検証した?

PFは?勝率は?試行回数は?通貨は?トレード時間帯は?

 

これが明確にあった上で、飛びつきエントリーなら問題なし!!

PF1.0以上で、破産確率限りなく0なら、エントリーして!!資金が増えるトレードです。

 

儲けたいのは誰でも一緒。自分もそうです。

今の自分はブレイクで抜けてこうが、エントリーしません。なぜか?

 

ここで入ったら大きくとれない事を、検証で知っている

個人的にはブレイクアウトは、スキャルで生きると思ってます。あとはデイトレの利確タイミング

自分のトレードスタイルが固まっている。

順張りが一番簡単で、利幅も取れることを検証で理解している。

そもそも集団心理を持っていない(超大手企業リタイヤですww)

ブレイクアウト手法は、そもそも自分の性格に合わなかった。人に合わせんの嫌いww個性を活かすのが大事でしょ。ほんまに学校教育の弊害集団心理。


ということは

飛びつきエントリーを直すには

自分のトレードスタイルを確立するだけ!!

 

簡単でしょ!!メンタル関係ないからww

FT3で自分のトレードスタイル作るだけ!!

でもこの練習には、最低100時間以上かけましょう。

 

えっ!?って思った方。

プロ野球選手やプロサッカー選手がどんだけ時間使って練習してると思ってます?

彼らは才能もあって、努力もしてます。

あなたは凡人です。どうすれば、相場のフィールドで勝てると思ってます?

ここがFXトレードで初心者の認識とギャップがあるかな。

 

何度も言います。相場は単に勝てるほど甘くない!!

しかし 勝ち方はある!!!これが救いだと思います。

宝くじみたいに勝ち方がないものもあります。確率を理解するといかに宝くじがムダ金かわかります。毎年買ってる貧乏人見ると、ほんま寄付しろカスどもって思います。


 

さあFT3でトレードスタイルを確立しましょう!

 

テクニカル指標の設定

手法⓪ × インジケーター


FT3練習法 トレンドフォロー

FT3 × 練習 × トレンドフォロー


儲けたいという自分の感情を抑え込むのは難しいことですが

トレードスタイルを確立して治る悪癖は実は結構あります。ほとんどの方はまずこれがない。

 

知識ではなく圧倒的にスキルの練習が足りない事を知りましょう!!

自分はなんて練習不足なんだと気づくまで2年かかりましたww

 

FT3で練習し数値を明確にする。

PF 勝率 破産確率 月間のトレード回数 最大ドローダウン etc

こういったもの理解すると、トレード1回1回の視点から視座が上がり

月単位、半月単位、年単位、はたまた自分の人生の単位まで目線を上げてトレードができるようになります。

 

自分が天底で失敗した経験は、今では天底でエントリーできる経験にもなってます。

ここは手法を超えた経験によるものです。

(「守 破 離」  破の部分ですかね。まだまだ上にあがれます)

 

まずは、FT3で練習し自分のトレードスタイルを確立しましょう!!!

そのお手伝いがこのブログでできればと思います。

 

トレードを通じて共に成長しましょう!!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村