ルール×規律×ルール

1日の5分だけ頂けると幸いです。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


にほんブログ村

こんにちは。海外在住トレーダーのICHIHIROです。

本日は、FT3との乖離を埋めるためのデモトレードについて考察したいと思います。


本日は、前回のデモトレードとFT3乖離を埋める

「小額で正しいトレードを繰り返す」

損切ができないという人の思考は

「負けたくない」

「失敗を受け入れられない」

もしくは資金に対してポジション量大きく、リスクを取り過ぎているからです。

正しいトレードというのは

勝ち負け負け負け負け勝ち・・・・・・
ある一定以上の試行回数を実行すると結果としてトータルでプラス
になるということです。

成長の流れ

初めは損切が遅れたり、値ごろ感・感情的なトレードをしてしまいますので
利益より、損切が多くトータル収支がマイナスになってしまいます。

その次のステップで、きっちりと損切を行うことで、利益が縮小していきますがトータル収支がプラスに転じます。
そしてトレードスキルが伸び、正しいトレードを繰り返すことで、
利益が残っているという考えです。
ここからは、あなのトレードスキルと負うリスク次第です。

この考えを真に理解し、実践できれば利は残せます。
稼げる金額は、資産とリスクによって変わります。

ただPIPSを積み上げることを意識して、【同じトレード】を繰り返せるようになれば、あなたは立派な勝ち続けるトレーダーといえます。


さて前置きが長くなりましたが、正しいトレードとは何でしょうか。

それは

検証に検証を重ねたあなたのトレードスタイルを自分のるーる通り行うことです。

もちろんPF1.0以上なければ、トータル収支でマイナスになってしまいますので
FT3では最低PF3.0以上(ドローダウンによる)

長い時間軸のデイトレースイングトレードでは、PF8.0以上なるまで訓練が必要です。

今回は、トレードスキルが身に付いた後のステップです。

トレードルールを作成

時間がないから、睡眠時間を2時間削ってまでする必要はありません。
今の仕事が忙しいから、仕事を変える必要もありません。

「一事が万事」「全は一、一は全」

全ての物事は繋がっています。
仕事がや家庭環境友人関係もうまくいっている人は、
トレードやその他ビジネスもうまくいっています。

ライフスタイルとFXトレードの調和になります。

一番多い兼業トレーダーを例に作っていきましょう。

①ライフスタイル
②トレードルール
③資金ルール

この3つを軸にトレードルールを作っていきます。

①ライフスタイルのルール

勤務時間 平日9:00~18:00

8:00~8:30
環境認識/相場想定

20:00~22:30
チャート監視

決めるのはこれだけです。
24時間四六時中チャートを監視しても、意味がありません。
(ティックチャート、1分足でスキャルピングをされる方は別)

マルチタイムで分析するデイトレーダーであれば、
チャートを見てこの価格帯まで動かないと、エントリーチャンスはないなと
即座にわかるはずです。

あとは、自分が設定した価格帯にアラームを設定しておき
タイミングを見てエントリーするだけです。
チャート監視時間に、デイトレ/スイングのタイミングが来たらエントリー。
この2時間30分だけ、スキャルピングをする。

ほとんどが、欧州時間~NY時間をメインにトレードすることとなるでしょう。
そして取引通貨も、ユーロ、ドル、ポンド、円と絞られてきます。
市場が動いていない通貨でポジションを持つ理由はありませんよね?

欧州時間 17:00~23:00 (16:00~22:00)
NY時間  22:30~4:30 (21:30~3:30)サマータイム

よくメンタルが弱いだの勝てない原因をここに置く方がみえますが
圧倒的に訓練が足りていないことに気づいていません。

読破量、知識ではなくトレードの訓練が圧倒的に足りてないのです!!
まず10年分検証してからそれを口にしてください。

チャートを見てトレードチャンスを無理やり探すのは
自分の得意な相場、狙う相場がわかっていない。
自分のトレードフォームが固まっていないのです。

②トレードルール

・損切後は、30分はトレードしない
・重要指標、前後30分はトレードしない
・重要指標前は、すべてのポジションを決済する
・トレードノートをつける
・月曜欧州会場するまでは、トレードしない
・週をまたいでポジションを保有しない
・体調が悪いときにトレードしない
・お酒を飲んだ後はとトレードしない
・ノーポジでも焦らない。待つのが最高の武器
・1回1回のトレードに固執しない。
・予想はしない。

相場は誰にもコントロールできない!

手法のルールは、自分で検証の末作りましょう!!
上記は、長年トレードをやってきて経験則からくる
【教訓】
です。これ以外にもまだまだありますが、今回は参考程度に

③資金ルール

・1日負っていいリスクは、資金の5%まで
・資金の10%失ったら、1週間トレードを休む
・資金の20%失ったら、2週間トレードを休み、トレードノートを振り返り原因
分析をする。
・毎週金曜日、出金する
・月初資金を一定にする

1回のトレードリスクは、2.0%以下が望ましい。

自分の目標収支で資金を設定します。ポイントは、1ヶ月間一定の資金量でトレードします。連勝すると、リスクは一定でもポジション量が大きくなるので週単位で調整します。LOTは一気に上げてはいけません。少しずつでいいのです。


こういったルールが、あなたを守り結果として資金を増やしてくれます。
あせる必要はありません。

職人のように同じ事を繰り返すことができれば、
気づいたら200万通貨のポジションが保有できます。

「福利」と「レバレッジ」の恩恵です。

そして正しいトレードは習慣化できます。
継続して取り組むだけです!!

トレードを通じて共に成長しましょう!!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


にほんブログ村